2020年05月20日

「偉大なるマルグリット」「マダムフローレンス」

ずーっと観たかった、この映画 やっと観られました!
結果。すっごく好み!久々に 見応えある映画観たなあって気持ちで、笑えて、泣けました。ゾクッともしました。(色んな意味で)

マルグリットの気持ちも よく 分かって…  

音痴だろうが何だろうが、芸術や歌を歌う事は彼女の命、生きる楽しみで、人生そのもの。

その純粋な輝きが悲しくも、素晴らしくて
表情は、少女のよう。

ラストは、切なくも残酷な美学が絡み合ったな、と。(色んな人々の)

ネタバレはしませんが、これはオススメしますよ。色んなキャラ出てきますが、描かれ方も とても丁寧です。
そこも凄く良かったな。

images (25)

音痴にも関わらず多くの人々から愛された伝説のソプラノ歌手フローレンス・フォスター・ジェンキンスをモデルに、音痴の歌姫マルグリットの数奇な運命を、「大統領の料理人」のカトリーヌ・フロ主演で描いた人間ドラマ。1920年、フランス。新聞記者のボーモンは、パリ郊外にある貴族の邸宅で開かれたサロン音楽会に参加する。しかし主役であるマルグリット夫人は、救いようのない音痴だった。しかも周囲の貴族たちは礼儀から彼女に拍手喝采を送り、本人だけが事実に気づいていない。野心家のボーモンはマルグリットに近づくために翌日の新聞で彼女を絶賛し、パリの音楽会に出演者として招待する。音楽を心から愛するマルグリットは、本当のことを言い出せずにいる夫ジョルジュの制止も聞かず、有名歌手からレッスンを受けはじめるが……。共演に「不機嫌なママにメルシィ!」のアンドレ・マルコン、「ルノワール 陽だまりの裸婦」のクリスタ・テレ。「情痴 アヴァンチュール」のグザビエ・ジャノリが監督・脚本を手がけた。


夫は、何故 音痴な彼女が1日4時間も5時間も練習して、歌うのか 歌いたいのかが、理解ができません。

「名声の為にうたうのか?」的なことを言うわけです

IMG_20200520_010204
IMG_20200520_010206
IMG_20200520_010210
IMG_20200520_010217
IMG_20200520_010220
IMG_20200520_010226
IMG_20200520_010233

色んなシーンが残りましたが
終始、にこやかに穏やかな彼女が
秘めているものが このセリフにあるなと。

…てか、私も 同類なので、なんか 色々と分かるなと思ってしまうのですよね

有難くも「壊滅的な音痴だ」と、笑いものにされた事はないけれども。


同じ題材のハリウッド映画「マダムフローレンス」

こっちのを先に観たんですけど
めちゃくちゃ歌えるメリル・ストリープが 絶妙に音痴な奥様で 終始 ふわふわとした印象があります。
でも、やっぱり ハリウッド版は
ちょっと 現実感に欠けるというか キラキラふわふわしすぎていて、全体的に薄っぺらい印象ではありました。
images (26)

流石のメリル・ストリープ。
こんな顔で絶妙に音痴で楽しそうに歌うので そんなシーンはたまりません

images (29)

この作品も観たんですけど↓↓↓
images (22)
めちゃくちゃロックしててカッコイイ
メリル・ストリープの歌声と 実の娘さんとの母娘共演が楽しめました。

…あ、逸れましたが

メリル・ストリープは凄いって事です笑

因みに、カトリーヌ・フロ(マルグリット役)も、 私は 「奇人たちの晩餐会」から、ずーっと好きで ほとんどの主演作は観尽くしている女優さんです。

シリアスも、コメディも、ホントに上手いんですよね。
そして、見応えある映画ばっかり出るイメージです。


とりあえず  「偉大なるマルグリット」
観られて大満足でしたヾ(ω` )/(*^^*)

フランス映画って、どことなくジメッとした感じも、私は魅力だと思っとりやす。







この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

【凛】(Rin)

http://www.project-rin.com/

ソロシンガー「凛」/
凛+原田謙太のユニット
「ダ・ヴィンチ:ポワロ」
として活動中。

・2007年9月12日、
インディーズデビュー。
2011年11月23日、
Lantisよりメジャーデビュー。

・音楽プロデューサーの
島崎貴光プロデュース。
(SMAP/A.B.C-Z/AKB48/SKE48など)

・KOEI PS3『BLADESTORM-
百年戦争-』TVCMソング
「凛として...」。

・アニメ『クロスファイト ビーダマン』
オープニング主題歌「TRUTH」

・アニメ『クロスファイト ビーダマン』
エンディング主題歌
「片翼-ツバサ-の行方」

・アニメ『カードファイト!!
ヴァンガード 
アジアサーキット編』の
第一期ED主題歌
「情熱イズム」

・『CR戦国無双』主題歌
「孤高の証」

・『パチスロ三國志』
実機内楽曲「紅の華」

・『CR無双OROCHI』
実機内楽曲「花道乱舞」

・スマホゲーム
『車なごコレクション』
主題歌「Xana-シャナ-」

・スマホゲーム
『車なごコレクション』
の「マツダ ロードスター」
「トヨタ プリウスα」声優担当。

・凛活動10周年記念
フルアルバム
『凛イズム』(16曲入り)リリース。

・8th Digital Single「Judgement」
2019.12.24 Release。

・木根尚登氏(TM NETWORKの)の
Liveに出演・共演。

★凛の地元仙台・福島・山形
にて、レギュラーラジオ
「凛の『聴いてくれて
ありがとう』ラジオ」を、
2010年から担当し、
2021年10月から
11年目に突入。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【ダ・ヴィンチ:ポワロ】

凛+原田謙太のユニット
「ダ・ヴィンチ:ポワロ」として、
アニメ『トミカ絆合体アースグランナー』
のエンディング主題歌
「僕らがヒーロー」を歌唱。

※2020〜2021年まで1年間放送、
2021年10月2日より、
テレビ大阪にて再放送決定)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【末永茉己】(Mami Suenaga)

多くのアーティストの
仮歌・コーラス・作詞を担当。

・2021年10月2日〜
アニメ
「MUTEKING THE
Dancing HERO」
の劇伴・BGMのコーラスを、
多数担当。

・日本テレビ系
「ニノさん」
(嵐の二宮和也さん番組)
スタジオゲスト出演

・テレビ朝日系
「誰にも表彰されない
ギョーカイ神記録」
(羽鳥慎一さん、
佐藤栞里さん、
博多華丸・大吉さん、
羽田圭介さん出演番組)
にて、
日本で初めて
「仮歌シンガー」
として密着・出演。

★「仮歌シンガー」として、
多くの現場の本チャン仮歌、
コーラス、作詞、
作曲家、作曲家志望者の
仮歌も担当。

http://www.project-rin.com/contact/kariuta/

・現在「末永茉己」名義・他名義にて、
作詞家としても活動中。

・「遙かなる時空の中で」
シリーズ作品・声優さんの作詞や、
「金色のコルダ」シリーズ
作品のコーラスなども行う。

★Copyright
2006-2021 project-rin.
ALL RIGHTS RESERVED.

blog掲載の記事・写真・
イラスト等の
全てのコンテンツの
無断複写・転載を
禁じます。

http://www.project-rin.com/

Archives